こんちは!のんちゃんです n0n0n.exblog.jp

ささくれだったボケ記...


by のんちゃん
画像一覧
カレンダー

アマチア文学評論家のんちゃん&“第55回佐倉市民花火大会”

久しぶりに「アマチア文学評論家のんちゃん」をやってみます^^;
暑い時に暑苦しい文章になるかもで
すみません...


別にスルーしてくださっても
全く構いませんのでおかまいなくどうぞ!o(〃^▽^〃)oスルーする~?♪ 




今日(6月16日記)の新聞によりますと
第153回芥川・直木賞の候補作が発表されました
又吉直樹さんの「花火」を持っているので一枚撮ってみました

a0027290_1834561.jpg


以上が6月16日の出来事だったのですが
この本が全然読めなかったのでこの記事はボツにしてました(;_;)

読もうとしたのですが読めなかった・・・

どうして読めなかったのかをやっぱり書いておこうと
それに
今日は年に一度の
佐倉市の花火大会なので気を取り直してアップすることにしましたヾ(´・ω・`)ツ




もともと本は読めないというか
読まないので(///ω///)えらそうなことは書けないのですが

本を買っても
途中でいきずまって
読めなくなる・・・


だけど時々不思議なんですが
最後まで読める本があるんです
本当にまれに
一気に読める本があるんです

文体なのかなあ?
アホな私でもわかるような優しい文章なのかなあ?
相性か?

わからんのですが

闇雲に買っても
もったいないから
できるだけ賞をもらわれたり
誰かがすすめてくれる本を買うようにしています
でも賞をもらわれたような素晴らしい本でも読めない時もあるんです(;_;)

この「花火」はテレビで薦めておられて
面白そうだったので
この春に買ったのですが・・・

栞が4ページと5ページに挟まったままです(///ω///)

ちょっと堪忍!


すみませんでした


ちょっと4ページと5ページの栞のトコ書いておきます
5ページのうしろから7行目
二度目の爆音が鳴った時、思わず後ろを振り返ると、幻のように鮮やかな花火が夜空一面に咲いて、

ここ・・・
ここで止まった

変ですよね
私みたいなアホが言うのも変なのですが(///ω///)


確か花火は開ききってからドオン!とエゲツナイ腹のすわったような爆音が轟きますよね
違ったかなあ・・・

又吉さんの文章は
爆音が鳴って、振り返ったら、花火が咲いてますよね

私の記憶では
花火が開いてから、爆音がなるんですが
違ったかなあ・・・



あ!それから忘れてましたが(追記

振り返っているのに夜空一面にっていうのもおかしいですよね
又吉さんには何面もの夜空があるのかなあ
夜空一面、夜空二面、夜空三面、、、って

あ!おかしいなんてスミマセン
私みたいなアホが言うのも大おかしいのですが(///ω///)
振り返らないで見上げたらだと辻褄が合うのにナンチャッテ勝手なことを書いておきます( ^艸^)
(たしか海の方の花火だから見上げられなかったですよね(^^;;本をおばあちゃんトコに忘れてきたので確認できんのです)

あ!もうひとつ
後ろを振り返るとありますが
前を振り返るとも
横を振り返るとも
言いませんよね
振り返るのは後ろ方面に決まってると思うのですが
後ろを振り返るなんてしかも「思わず」がついてるんです
二度目の爆音が鳴った時なのに
二度目とハッキリ書いておられるのですから
一度目をハッキリ覚えてというか
ハッキリ認識されていたのです
なのに二度目で「思わず」なのです
もちろん言葉の意味の事を言っているのではありません
わざわざ二度目と書かれ「思わず」だと言われたので
では一度目を聞かれた時はどのように思われたのか
二度目でどうして振り返られたのか

なんか
そんなことを考えていたら5ページで読めなくなったんだと思います


私ってお節介なのかなあ(爆)
大きなお世話
小さなやっかみナンチャッテ(≧∀≦)

今度もう1回読めるかどうか
やってみますわヾ(´・ω・`)ツ

あ!そうそう
大事なことを書き忘れてました072.gif芥川賞おめでとうございます072.gif



今日は花火大会です056.gif19時から21時印旛沼湖畔にて

   ビッグプレミアムスターマイン
    10分間で6,000発の花火
     トータル16,000発

064.gif072.gif064.gif関東最大級の“二尺玉”4発と10分間に6,000発ビッグプレミアムスターマイン064.gif072.gif064.gif




仕事から帰って来たウチのに聞いたら

爆発音だから
花火が開く時にドーンと鳴るのは当たり前だと言われてしまいました(;_;)

上の文章はずかしいから消そかなあ(///ω///)(///ω///)(///ω///)堪忍
でもマ!こんなとこ誰も読んでないから気にしなくていいかo(〃^▽^〃)o♪

明日も仕事で朝が早いから疲れるので(長時間歩けない・・・)
今年の花火大会は特等席のテレビです(*゚▽゚*)ノ~☆ 





一応勝手にすみませんが
広島市こども文化科学館さんの光と音の速さの記事をコピペさせて頂きますm(_ _)m 


花火といえば、迫力ある「ドーン!」という音。
ですが、花火が光ってすぐに「ドーン」という花火の音が聞こえるのは、花火を近くで見ているとき。
人ごみを避けて、遠くで花火を眺めているときなど、花火が光ってから、数秒後に音が聞こえた経験はないでしょうか?
このずれは、光と音の速さの違いにあります。
光は、1秒間に約30万km進む速さ、1秒あれば地球を7周半してしまうほど早いのです。
それに比べて音は、1秒間に約340m進む速さ、光の速さと比べるとだいぶ遅く感じますね。
なので、もし、花火を真下から見ていて、高さ340mの地点で花火が光ったとすると、光は一瞬で私たちの目に届きますが、音は、1秒遅れて私たちに届くのです。
このように光と音の速さの違いにより、花火が打ちあがった場所から花火を見学している場所の距離が遠いほど、花火が光ってから、音が聞こえるまでの時間差が生じてしまうのです。

なので、花火が開き始めた瞬間から、「ドーン」と聞こえるまでの時間X(秒)を測れば、
340(m)×X(秒)=花火までの距離
が推測できるのです。
(※この考え方は、雷にも適用できます)

この夏、もし花火大会に行かれることがありました

花火の色から金属元素の炎色反応を、音の聞こえ方から光と音の速度を、
科学的に感じてみてはいかがでしょうか?





340m1秒です
やっぱり開いてから鳴ってる・・・しつこいか(///ω///)


a0027290_1810155.jpg

(テレビの前で撮った“佐倉市民花火大会”の最後の一枚です)



[PR]
by n0n0n | 2015-08-01 13:27 | アマチア評論家のんちゃん