こんちは!のんちゃんです n0n0n.exblog.jp

ささくれだったボケ記...


by のんちゃん
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:レシピ( 15 )



久しぶりに印西市のグリーブ本店(産直販売店)へ行ってきました。


今日はイモ類が1割引きの日だそうで
里芋と薩摩芋ゲット^^♪


a0027290_14544435.jpg






欲しかった米こうじもゲット!

昨日もスーパーを梯子したけど売り切れてて・・・

ヨカッタ!!



a0027290_14560143.jpg

早速、このこうじの袋に書いてある作り方で甘酒を作ることにしました。



お米は
この前の新酒祭りでゲットした酒々井のコシヒカリです。

a0027290_14551237.jpg



酒々井の飯沼本家のお酒を作るお米だそうです!



a0027290_14554014.jpg



つづく・・・堪忍!
なんとか働いてきました^^;




友が以前こうじで甘酒を作ったそうで
私が余ったご飯で作ると言ったら
ちゃんとお米からおかゆを作らないといけない!と教えてくれました。



こうじの袋にもおかゆと書いてありましたよん♪



袋に書いてあるように
お米2合をといで炊飯器にセットしようとしたのですが
ウチの炊飯器は少量用なので
おかゆが1合半しか炊けなかったのです( ̄ヘ ̄;)知らんかった


もうお米2合といでしまったので
1合半分のお水を入れて炊きあがってから
お水200cc程を足すことにしました

良い考えでしょ!?阿寒蚊(笑)



なんとか2合分のおかゆができたので
80℃以下になるまで待ちました。




a0027290_14571501.jpg



ちょっと油断したら70℃まで下がっていました w(*・o・*)w


a0027290_14573002.jpg




次は、、
よくもみほぐしたこうじを手早く混ぜました。



a0027290_14574667.jpg

あとは、
炊飯器を保温にセットして
60℃以上にならないように
保温を消したりつけたりして

5~6時間55℃を保つそうです。


甘くなりましたら、ひやして、冷蔵庫で保存します。と書いてありました。


その間に
去年の<静かなブームの大根煮>を作ってみることにしました。




a0027290_14581028.jpg


アクがいっぱい出ました
こんなんだったかなあ・・・


a0027290_14582788.jpg



作り方は頭に入ってる!とうぬぼれたのがいけなかった( ̄ヘ ̄;)
レシピを見たら・・・
もっとおおきく切るんでした、小さく切りすぎたから直ぐ出来上がりました。
直ぐ出来たから試してみたくなって
丼で飲んだら
久しぶりで美味しくて
なつかしくて・・・
夕方仕事で車で行かないといけないのに
丼に2杯も飲んでしまったんです
あほや
(///ω///)


急いでトイレへ行きました
(///ω///)


あああ
出掛ける予定が無い時に作らないと...




それにしてもカラダの内側から綺麗になろうと思ったら
飲まないといけないものが一杯あります(笑)
もうそろそろ甘酒が出来上がります・・・


みえるさんに教えてもらった<あさイチの甘酒>


<酒粕甘酒>

材料(2人分)

酒粕・・100g

水・・400㏄

砂糖・・大さじ4

塩・・ひとつまみ

生姜・・お好みで


作り方

①沸騰したお湯に酒粕をちぎっていれて

火を止めてふやかします。

10分程度でだいぶ柔らかくなります。

②火を点けて酒粕をしっかりまぜて溶かします。

③砂糖と塩を入れて完成です。

お好みで生姜を入れて飲んでください。





[PR]
by n0n0n | 2016-12-07 19:30 | レシピ | Comments(8)

しょうがココア


しょうがココアの作り方

ちょっと書いて置きますね
 (*゚▽゚*)ノ~☆


a0027290_18225095.jpg



しょうがココアの作り方は
色々な作り方がありますが私のは


コップに牛乳を入れて
レンジでチンして(飲み物を温めるコース)
ココア(スプーン山盛り1杯)と
冷凍した生姜を5g入れて
よくかき混ぜるだけなのです。



嫌!っていうほど出ます(笑)何が?って訊かないでね^^;



そういえば
去年の<静かなブームの大根煮>を思い出しましたo(〃^▽^〃)o

良かったら合わせてどうぞ~~~♪


[PR]
by n0n0n | 2016-12-02 18:45 | レシピ | Comments(12)

黒豆外郎


<黒豆外郎>

小麦粉100g
砂糖100g(黒豆の煮汁が甘いので少し控えます)
黒豆の煮汁200㏄

材料を混ぜて、牛乳パックに流します。
黒豆も散らします。
パックを蓋して電子レンジで7分チンします。




がちゃぴんさまのレシピを戴いてきましたm(_ _)m
黒豆もう食べてしまったので^^;
明日わすれないように買ってきま~~~す♪



ういろう大好きなんですo(〃^▽^〃)o♪

冷蔵庫に水煮大豆があったので
白外郎を作ってみることにしました。


a0027290_20205411.jpeg
<白大豆外郎>

小麦粉100g
砂糖100g

水煮大豆(煮汁も)1袋




a0027290_20210842.jpeg
材料(小麦粉100g・砂糖100g)を混ぜて、牛乳パックに流します。
上に水煮大豆を散らします。
パックを蓋して^^
電子レンジで600wで7分+3分=10分チンしました。
(大豆が大きくて7分だとちょっと柔らかかったです^^♪)


a0027290_20384430.jpeg

a0027290_20390299.jpeg


a0027290_20394778.jpeg
美味しかったです~~~(^^♪。今度は黒豆で外郎を作ってみますね!
ありがとうございましたm(_ _)m。



[PR]
by n0n0n | 2016-01-10 19:52 | レシピ | Comments(8)
今日のキューピー3分クッキングは「竹の子御飯」だったのですがもう一品の「温豆腐のわかめあん」が簡単で美味しそうだったので少しアレンジして作ってみました。


作ったレシピを書いておきますね(*゚▽゚*)ノ~☆  



材料
 絹ごし豆腐  2丁
 生わかめ 50gぐらい
 三つ葉  1わ
 えのき茸 1袋

 だし汁  2カップ
 酒  大さじ2
 みりん  大さじ2
 しょうゆ  大さじ2

 片栗粉  大さじ2(同量の水で溶く)



作り方
1 わかめはたっぷりの水の中で洗い、水気を絞って細かく刻む。エノキ茸と三つ葉は2cm長さに切る。
2 豆腐は耐熱容器に入れて人数分に切り、ラップをして電子レンジ(500W)に約3分かけて温め、出てきた水気をきって器に盛る。
3 鍋にだし汁を入れて火にかけ、酒、みりん、しょうゆで調味し、煮立ったらわかめとえのき茸を加え、水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつけ、三つ葉を加えて火を止める。
4 (2)に(3)のわかめあんをかける。



簡単でしょ!


湯気でボケてしまったけど(///ω///)
a0027290_208238.jpg


もう一品は竹の子御飯じゃなくて鶏肉のコーラ煮です。
レシピというほどのものはないのですが一応それも書いておきますね。



鶏の手羽先か手羽元か胸肉かもも肉かなんでもお好きな鶏肉を焦げ目がつくまで両面焼いて
コーラーひたひた(500mlぐらい)と しょう油少々(だいたい大匙1杯)と 
入れなくててもいいのですがニンニクとマッシュルームを入れてお好きなだけ煮込む(今日は15分ほど)


簡単なのしか作れないのです・・・
あと昨日の残りの肉じゃがと大根煮とヨーグルトに漬けた大根が並んでいました。


a0027290_2361928.jpg
a0027290_2362271.jpg



大根煮は今、静かなブームの(///ω///)梅干と昆布で煮ただけのアレです。
太い大根丸々1本使ったのでまだ当分続きそうです.....


a0027290_2312596.jpg




そうだ!キューピー3分クッキング竹の子御飯のレシピ戴いておきますねo(〃^▽^〃)o




材料(4人分)

米 2合
ゆでたけのこ 150g
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
塩 小さじ1/2
だし汁 約360ml
木の芽 適量


作り方

1 米は炊く30分前に洗い、ザルに上げて水気をきる。
2 ゆでたけのこは小さめのいちょう切りにし、酒、しょうゆをまぶして15分ほどおき、ボウルで受けたザルに上げてたけのこと汁に分ける。
3 炊飯器に(1)の米、(2)の汁、酒、しょうゆ、塩を入れ、2合の目盛りまでだし汁を加え、15分ほどおく。たけのこをのせるようにして入れて普通に炊く。
4 さっくりと混ぜて器に盛り、木の芽をあしらう。



ゆで竹の子はあるのですが今朝麦御飯を用意したので今度作ってみます。
ありがとうございました。



☆ももんがさんのお尋ねの大根煮は↓コチラです!
宿便が消えた!「大根+梅干し」でカラダの中を大そうじする方法


このデトックスのポイントは

・梅干し入りのあたたかい煮汁をたくさん飲む
・煮大根をたくさん食べる


ことと、

・胃がからっぽの空腹時に最大限の効果を発揮する


以上3点です。がんばってくだ晴れ(*゚▽゚*)ノ~☆  
[PR]
by n0n0n | 2015-03-12 20:30 | レシピ | Comments(10)

おからキッシュ

昨日のあさイチで
堀江ひろ子さん(料理研究家)の<おからキッシュ&おからサラダ>をやっていたので、レシピを戴きますm(_ _)m


 
おからキッシュ

材料・4人分
・おから・・・100グラム
・ほうれんそう・・・150グラム

・たまねぎ(みじん切り)・・・2分の1コ
・にんにく(みじん切り)・・・1かけ分
・豚ひき肉・・・100グラム

<A>
・牛乳・・・1カップ
・顆粒(かりゅう)スープのもと(洋風)・・・小さじ2
・塩、こしょう、ナツメグ・・・各適量

・溶き卵・・・3コ分
・ピザ用チーズ・・・約100グラム

・バター(パイ皿にぬる用)・・・適量

作り方

(1)おからは耐熱皿に広げ、ラップなしで電子レンジ(600ワット)に2分間かけてパラパラにする。ほうれんそうは塩ゆでして水に取り、3センチに切って水けを絞る。

(2)フライパンにたまねぎ、にんにく、豚ひき肉を加えて、たまねぎがしんなりするまで炒める。

(3)(2)にAを入れ、ひと煮立ちさせる。(1)を入れて軽く混ぜ合わせ、味を調えたら火を止める。

(4)卵をよくほぐして(3)に加え、バターを敷いたパイ皿などに流し入れピザ用チーズをのせて180度のオーブンで25分間焼く。




おからサラダ

材料・4人分
・おから・・・100グラム
・ヨーグルト・・・カップ2分の1
・マヨネーズ・・・大さじ2

・塩、こしょう・・・各少々
・砂糖・・・小さじ1

・きゅうり(小口切り)・・・1本
・塩・・・小さじ3分の1
・ツナ(缶詰・油漬け・小)・・・1缶
・らっきょう(粗みじん切り)・・・5~6粒

作り方
(1)おからは耐熱皿に広げ、ラップなしで電子レンジ(600ワット)に2分間かけてパラパラにする。きゅうりは、塩をまぶしてしばらくおきしんなりしたら水けを絞る。
(2)おからにヨーグルト、マヨネーズ、塩、こしょう、砂糖を加えて混ぜ合わせ味を調える。
さらにきゅうり、らっきょう、ツナを加えて混ぜ合わせる。




a0027290_13445377.jpg


とてもヘルシーで短時間で出来て美味しかったです。

サラダも(゚-゚*)(。。*)ウン!私はイイと思いました。

More
[PR]
by n0n0n | 2013-01-30 09:00 | レシピ | Comments(0)

やわらか鶏つくね

今朝のあさイチをコピーさせていただきますo(。_。o*)ペコリッ


 
やわらか鶏つくね


鶏ひき肉・・・300グラム
えのきたけ・・・150グラム(大1パック)

<A>
・しょうゆ、酒、みりん、小麦粉・・・各大さじ2

<B>
・だし・・・カップ2
・しょうゆ、酒、みりん・・・各大さじ2~3
・砂糖・・・大さじ1弱

・ブロッコリー(小房に分け、ゆでる)・・・適量
・水溶きかたくり粉・・・少々

作り方

えのきたけは石づきを除き、1センチ長さに切る。
ボウルに(1)、A、鶏ひき肉を入れ、手でよく練り混ぜ鶏つくねのタネを作る。
鍋にBを入れ、煮立たせる。鶏つくねのタネ半量をスプーンを使ってラグビーボール状にし、落とし入れる。
アクがあったら取り除き、ふたをして中火で10~15分間煮て、水溶きかたくり粉でとろみをつける。
仕上げにブロッコリーを加え、温める。


ガッツリ鶏つくね

材料・作りやすい分量
・鶏つくねのタネ・・・半量
・卵黄・・・1コ分

<ねぎ塩>
・ねぎ(斜め薄切り)・・・4分の1本
・塩、ごま油、ラー油・・・各少々


作り方

ねぎに、塩、ごま油、ラー油を絡めて、ねぎ塩を作る。
フライパンに、サラダ油少々をひいて熱し、鶏つくねタネ半量を入れ、お好み焼きのように直径15センチほどに丸くのばす。
ふたをして弱火で3~4分間焼く。裏返して、同様に焼く。
皿に盛り、ねぎ塩、卵黄をのせる。




仕事が終わってからあまり時間が無かったので
ガッツリ鶏つくねを作ってみました。

a0027290_209226.jpg


本当に簡単につくねが柔らかく出来ました(*゚▽゚*)ノ~☆  
ねぎ塩は控えめのほうがイイかも・・・
子ども達はねぎ塩無しで食べていました。

美味しかったです。
[PR]
by n0n0n | 2012-11-15 20:20 | レシピ | Comments(0)
今日のあさイチの「解決!ごはん」をちょこっとコピーさせて頂きます~m(_ _)m


寺田真二郎さん(料理研究家)のさばのホイコーロー風&からあげ風丼



ホイコーロー風さばのみそ煮炒め

材料・4人分

・さばのみそ煮(缶詰)・・・1缶
・キャベツ(3センチ角)・・・4分の1コ
・ピーマン(3センチ角)・・・2コ
・にんにく(みじん切り)・・・1かけ分
・ごま油・・・大さじ1と2分の1

・豆板醤(トーバンジャン)・・・少々
・塩、黒こしょう(粗びき)・・・各適量



作り方

(1)フライパンにごま油、にんにくをいれ熱し、香りがたってきたら、キャベツ、ピーマンを加えサッと炒め一度取り出す。野菜をサッと炒めて取り出すことで、油が野菜をコーティングしてくれ水っぽくならない。
(2)同じフライパンに豆板醤(トーバンジャン)とさばのみそ煮を加え、ほぐしながら温め、ふつふつとしてきたら(1)を戻し入れ塩、こしょうで味を調え完成。
※さばのみそ煮ににんにく、ごま油が加わるとホイコーローの味に変身!




真ちゃん流からあげ風丼

材料・2人分

・焼き鳥(缶詰・たれ)・・・1缶
・揚げ玉・・・大さじ約3
・しょうが(すりおろす)・・・小さじ2分の1
・マヨネーズ、水菜、貝割れ菜、刻みのり、白ごま・・・各適量
・ご飯・・・適量



作り方

(1)焼き鳥を粗みじん切りにする。
(2)ボウルに(1)としょうが、揚げ玉をいれ、スプーンで揚げ玉をかるく潰しながら混ぜる。
(3)丼にご飯を盛り、水菜、貝割れ菜をのせ、マヨネーズをかける。
(2)をのせ、刻みのり、白ごまをトッピングし完成。






作ってみたのですが
スイマセン、
ちょっと
あさイチではなく
いまイチでした・・・

あああ



首が痛くて仕事を休んでいた時あたりから
外食が多くなり
仕事で遅くなるときは
罪悪感にさいなまれながら
お弁当に頼る日々が続いていました・・・

ちょっとでも手料理がしたかったので
味噌缶詰を買ってきて作ってみたのですが
鯖が歯にせせかって生臭くて駄目でした・・・

あああ・・・お弁当にしとけば良かった


もっと美味しいのを教えて欲しいなあ・・・なんちゃって堪忍。

手抜きしないでちゃんと美味しいのを作ればいいんですよね・・・
反省。。。まんまんちゃんアン。
[PR]
by n0n0n | 2012-09-19 18:30 | レシピ | Comments(0)

ふわふわ玉子


子供たちが美味しいと言ってくれたので^^
4月5日の放送あさイチごはんを
ちょこっとコピペさせていただきますm(_ _)m



えびとアスパラの卵炒め 材料・2人分

・えび(無頭・殻付き)・・・8匹(120グラム)

<A>
・塩…ひとつまみ
・酒、かたくり粉・・・各小さじ1

・グリーンアスパラガス・・・4本
・卵・・・2コ
・ねぎ・・・4センチ
・しょうが・・・2分の1かけ
・ナムプラー・・・小さじ1

・塩、サラダ油、こしょう

作り方えびは殻をむいて、背に浅く切り込みを入れ、背ワタを取り、Aをふってまぶす。
グリーンアスパラガスは根元の方の皮をむき、4センチ長さに切り、太いものは縦半分に切る。塩少々を入れた熱湯に入れ、堅めにゆでてざるに上げ、水けをきる。
ねぎ、しょうがはみじん切りにする。卵は溶きほぐし、塩ひとつまみを加える。 
フライパンにサラダ油小さじ2を熱し、(2)の卵液を流し入れ、強火でフワッと炒めて、取り出す。サラダ油小さじ1を足し、えびを入れてふたをして、弱火で両面を焼いて火を通し、取り出す。
さらにサラダ油小さじ1を足し、ねぎとしょうがを入れて中火で炒め、アスパラガス、えび、卵を戻し入れて炒め合わせる。こしょう少々、ナムプラーをふって混ぜ、火から下ろす。




焼き卵とトマトのスープ 材料・2人分

・卵・・・1コ
・トマト・・・2分の1コ
・ねぎ・・・4センチ
・サラダ油・・・小さじ1
・顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと)(中国風)・・・大さじ2分の1
・水・・・カップ2
・塩、こしょう・・・少々


作り方卵は溶きほぐす。トマトはヘタを取り、2センチ角に切る。ねぎはせん切りにし水にさらす。
鍋を熱し、サラダ油をひいてなじませ、卵を入れて焼き色をつける。
焼き色が付いたら、木べらで粗くほぐす。
トマトを加えてひと炒めし、水カップ2、チキンスープの素を加えて煮立て、弱火で1~2分間煮る。
塩・こしょうで味を調え、器に入れ、ねぎをのせる。




コピペさせてもらっておいて、文句を書くなんてことは、、やっぱり、ひどすぎるかなあ・・・
あ!文句じゃないか......よう分からんから!
まあ~私なんかがこんなとこに書いても
なんの影響もないから
いいか^^;.....



「えびとアスパラの卵炒め」と
「焼き卵とトマトのスープ」の「卵」なのですが・・・

タマゴは、調理する前は「卵」なんですが、
調理後は「玉子」を使うんですよね~~~

誰が決めたの?って
そら、のんちゃんが決めたに決まってるでしょ!
ほんまかいなあ・・・半分うそ。
責任は持てん。
責任は持てんけど、なんやそないなろたと思うにゃ。
ちゃうかったかなあ・・・
国語の先生がお坊さんやったから、たぶんホンマ・・・^^;


a0027290_20323964.jpg


これは↑アスパラの代わりにニラを使って作りました。
[PR]
by n0n0n | 2012-04-10 18:30 | レシピ
サンドイッチ用にと粒マスタードを買ってきてくれていたのですが
寒いせいかなあ
最近サンドイッチを作らなくて粒マスタードを開けず仕舞でした。。。


a0027290_19385621.jpg


今日のあさイチごはんで
セロリと鶏肉のマスタードソテーをやっていました。


粒マスタードをたっぷり使っていたので
作ってみたら


ものすご美味しかったので
レシピを頂いときますデスo(。_。o*)ペコリッ


 

セロリと鶏肉のマスタードソテー


材料・2人分

・セロリ・・・1本(150グラム)

・鶏むね肉・・・150グラム
・塩・・・小さじ3分の1

・オリーブ油・・・小さじ2

・塩・・・小さじ3分の1~2分の1
・こしょう・・・適量
・粒マスタード・・・大さじ2

作り方

(1)セロリは斜め8ミリ程度のザク切りにする。
鶏むね肉は4~5センチの長さの棒状に切り、塩をなじませておく。


(2)フライパンを中火にかける。温まったらオリーブ油を入れ鶏むね肉を加え全体を混ぜながら1分間ほど炒める。さらに、セロリを加え2分間ほど炒める。


(3)(2)に塩・こしょうで味を調え、粒マスタードを混ぜ込み、器に盛る。
※マスタードは香り・酸味・うまみがとんでしまうので炒めすぎないこと。





a0027290_2064368.jpg



1つのフライパンで炒めるだけだから
わたしでも直ぐにできました。



最近、セロリを1日1本ペースで食べています。
今日はサラダにも使ったのでセロリを2本使いました。

以前は臭いが好きではなかったので全くと言って良いほど使いませんでした。
ちょっと切っ掛けがあって・・・
食べてみたら結構いけてましたo(〃^▽^〃)o♪

嫌な臭いと思って
買うのも避けていたセロリ

今では葉っぱも
バリバリ食べられるようになりました。
なんでも思い込みはいけませんよね!
セロリの嫌いなかたもヨカチタラ試してみてくだ晴れ(*゚▽゚*)ノ~☆  
[PR]
by n0n0n | 2012-02-28 20:00 | レシピ

あさイチの「蒸し料理」

昨日の「あさイチ」の蒸し料理を見ましたか?
美味しそうでしたよね!

たまたま材料があったので白菜の蒸し料理を昨夜作ってみました。

レシピを移させていただきますm(_ _)m






日本料理 橋本幹造さんの「野菜シャッキリ! 低温蒸し鍋」


土鍋を使った「低温」の蒸し鍋です。65~70度前後の低温で蒸すことで、シャキシャキとした野菜の歯ごたえと素材そのもののうまみを存分に味わうことができます。




材料・2人分 ・白菜・・・5枚
・豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・260グラム
・塩昆布(細切り)・・・12グラム
・しめじ・・・1パック
・ゆずの皮・・・1コ分

※土鍋は直径32センチ、盆ざるは直径27センチ程度のものを使用してください。
※菜箸に火がつかないように注意してください。

作り方白菜の内側に豚バラ肉(4から5枚程度)を重ならないように並べ、塩昆布(3グラム)をふりかける。
芯に近い方と葉先が重なるように置き、同じように豚バラ肉・塩昆布をのせることを繰り返し、一番上に白菜をのせる。
※豚バラ肉は4分の1量ずつ、4段の層ができるように重ねる。
(1)の上下を返し、縦半分に切る。さらに横に4か所包丁を入れ、10コに切り分ける。
盆ざるに(2)の断面が上に来るようにのせる。さらに、この周りに石突きを取り除いたしめじをのせる。
ゆずの皮は8枚程度の大きなそぎ切りにして、(3)の白菜の間にはさむ。
土鍋で湯をわかし、(4)をのせ、土鍋の両端に菜箸をのせて、ふたをする。このまま強火で10分ほど加熱する。
※鍋とふたの間に空間を作って蒸気を逃がし、鍋の中が70度前後になるようにする。
火を止めて、菜箸を外し、再びふたをして余熱で10分ほど火を通す。



ものすごおいしかったので
撮るのも忘れて食べてしまいましたo(〃^▽^〃)o♪


ちょっとだけ残ったので撮ってみたのですが

汚いからどうしようかなあ・・・

マ!いいかo(〃^▽^〃)oあはっ♪

土鍋と盆ざるの代わりに
家にあるもので・・・
アムエの蒸し鍋とステンレスのザルを使いました。

a0027290_20294389.jpg

はずかしいかなあ・・・ (///ω///)
[PR]
by n0n0n | 2012-02-15 20:00 | レシピ