こんちは!のんちゃんです n0n0n.exblog.jp

ささくれだったボケ記...


by のんちゃん
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
a0027290_153027.jpg
歴史民族博物館へ紫陽花を探しに行きました。
汗だくで、首にタオルを巻いて歩きました。
暑かった~~~


歴史民族博物館には、枯れた紫陽花がほんの少しだったので、、
姥ヶ池を右に見て、、
菖蒲園の方へ行きました。


菖蒲園の回りが紫陽花だらけなのです。

途中で寄り道をしながら、、、見つけました。

もう色が変わり果てた大輪の中にピカ!っと輝いていました。



ちっちゃいですが・・・撮りたかった白の紫陽花です。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-09 15:31 | 紫陽花 | Comments(4)
a0027290_114943.jpg
涼しそうなお花でしょ。

冬を家の中で過ごしました。6月に外へ出したのですが、ようやく花を咲かせてくれました。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-08 11:51 | 花や木 | Comments(10)
a0027290_75349.jpg
どうぞ、召し上がってください。

お菓子は、とらやさんの「紫陽花あじさい」です。
お茶は、あっさりと、アサヒの「ウーロン茶」です。



poca_pocariさんの
紫陽花.blogに参加したいのですが・・・これじゃ、ダメですねーーー。
暑くて暑くて、、なまけ者なので、お菓子の「紫陽花」を撮ってみました。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-07 07:55 | sweets | Comments(6)

今年お初の大玉西瓜♪

a0027290_7572.jpg
水もしたたるいいスイカで~~~す。甘かったですよん♪ご馳走様~~~
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-06 23:35 | 飲ん食べ♪ | Comments(10)

SARAH

a0027290_204437.jpg
サラです♪
8歳のメス犬です。1999年11月9日4匹のメス犬を産んだお母さんです。



なんとか、初めて「貼り絵」をしてみました。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-06 17:07 | 生き物 | Comments(25)
a0027290_9618.jpg蒸し暑~~~いですが、
お元気ですか?

キリンは、可愛い女の子からの お土産です。
お花は、おばあちゃんが種を撒いた
2度咲きのニードル・ポイントです。
花瓶は、ピカソのデザインだそうで
箱根彫刻の森美術館ピカソ館横の
売店で見つけました。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-06 09:07 | 勿忘草 | Comments(4)

弘前の「松風」

a0027290_201730.jpg
江戸時代の図鑑「三才図会」の 「松風とは浦淋しきの義なり」 からヒントを戴かれたそうです。 「うら寂しい」 の意味から ケシの実が沢山付いている表側の焼き目に比べ、裏はなんとも寂しく ほの白~~いです。ありがたや・ありがたや \(^-.^) /
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-05 15:00 | sweets | Comments(4)
a0027290_14415.jpg
長いお鼻の人の顔に見えませんか?

ミニ・トマトの袋に変わったトマトが入っていました。

新鮮な野菜が買える 近くの「あぐり」という八百屋さんで 感謝祭をやっています。
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-04 14:05 | 勿忘草 | Comments(16)

◆ 長隈橋 ◆





佐倉市の東の隅の見捨てられたような橋
この橋の袂にはうさぎと亀の像がある
亀は天にウインクをして
今にもひっくり返りそうにのけ反っている
うさぎは対岸で
両手を胸にきちんと揃え懸命に跳ねている
昔話の「うさぎと亀」の反対を演じている
話題にもならない普通の像である
地図にまで「長熊橋」とか「長隅橋」と
記されている でも
この点は何か深い歴史を感じさせもする
水上勉さんも
京都の越畑を何故か腰畑と記されておられる
それに三年坂だか産寧坂だか
どちらでもいいようだ
だから地図をいただいた市役所にも
この件については問い合わせはしまい
ただ単に
誰にも相手にされていないのかもしれない
私の知るかぎり草は刈られた事がない
橋に続く街路樹は角張って整えられても
この橋の草は季節を裏切らない
おかげでススキが生えている
今年も昨年も小振りだったが
おととしは油をたっぷり輝かせ
みごとな丈のススキであった
お月見には毎年たすかっている
春夏秋冬さまざまな自然の色
虫の声が衣をまとっている
夏だと夕方蝉の声だけが時空を占める
それを風が膨らませたり弾いたり・・・
(蝉の最後のひと声を忘れないようにいや忘れろと
も風は言う)
またまた吸い寄せられ重なり折れて・・・
蝉の声はその脱殻に白いベールを翳した色
川でもなく道でもなく
田に架かる橋を初めて知った
七年前
東京からこの地へ引越す決め手になった橋





[PR]
# by n0n0n | 2004-07-03 21:01 | 詩歌 | Comments(2)
a0027290_132415.jpg
ありがたや・ありがたや(^^)

本当は6月30日に届いてたんですが、、
なんとなく自慢してるみたいで出し難くって、、すみません。イイデショー(^^)
[PR]
# by n0n0n | 2004-07-02 13:25 | 飲ん食べ♪ | Comments(0)